100年企業を育てるセミナー解説no2

100年企業を育てる経営戦略セミナー解説

No.2 経営課題/賢い論理思考法line バランススコアカード理論で描く戦略マップline

戦略発想の経営センスを磨く。BSC4視点4段活用で収益向上課題解決を図るポジティブ桶屋ストーリーを描き、ネガティブシナリオに置き換えて戦略マップを作るトップスキル

2-1.BSCの4つの視点 バランススコアカード(Balanced scorecard)とは財務評価だけに偏った従来の経営管理手法を、顧客、業務、人材の非財務評価を加えて多角的な指標でバランスを取る、現代経営に適合する論理的で賢明な管理手法です。この四つの視点でフレームワークを深め、問題を洗い出し、解決できる課題を各視点間で線を結んでビジネスモデルを完成させるロジカル・シンキングです。
2-01

2-2.戦略発想の経営センスを磨くバランススコアカードの4つの視点4段活用でストーリーを描くトレーニングです。頭の中にある感覚的な思いを、理性的な考え方で4つの視点に整理して動機づけします。ストーリー化することで論理的に他者の理解が得られ行動に点火させることができます。
2-01a

2-3.桶屋ストーリーで戦略要因の具体化「風が吹けば桶屋が儲かる」落語から引用した、ポジティブ桶屋ストーリーを描き、ネガティブシナリオに置き換えて戦略マップを作ります。一例提示
2-02

現状分析から重要な経営課題を抽出し、桶屋ストーリー、具体的シナリオをフレームワークで作成するトレーニングをお願いします。ロジカルシンキングスキルが身につきます。

2-4.具体化シナリオから戦略マップを描く桶屋ストーリーの具体的シナリオをフローチャート化すれば、カンタンに戦略マップが描けます。図式化することで周知されます。戦略は俯瞰すれば誰にも理解されることが大切です。戦略から、戦術や作戦に展開されます。戦略参謀センスを磨いて下さい。
2-03

戦略マップを作成できる人材がいない!
現代経営に戦略思考力は必須であり、トップマネジメントの根幹です。リスクマネジメントの観点からも、戦略マップ作成能力を身につけて下さい。希少価値の戦略参謀誕生です。


→→→ もどる