1000円エクセルソフト「スピードアップ仕事術」

経営戦略電子書籍

          ──1,000円エクセルソフト──3.選択と集中を図れば、半分は余分な仕事
「スピードアップ仕事術」

 日本の生産性は、トップ、ノルウェーの半分以下。真面目な日本人には不本意な結果。
 問題は時間観念の乏しさにあり、要領の悪さとムダな仕事が氾濫していること。
 デイリー、ウイークリー、マンスリー、無視放置の4分類で効率的にスピードアップ。

仕事術2
仕事術1

1分を短縮する仕事観が賢い人の仕事術 1分は短い時間でも1年365日では15時間になり約2日分の労働時間に相当する
 日本の生産性は時間当り約4,000円だから、15時間×4,000円=6万円の価値を生む
 10人の会社では72万円の利益になり、10分短縮できれば720万円にもなる

仕事術3

スピードアップ仕事術職種別業務を洗い出して整理し一覧表を作る 始業時に今日の業務を緊急度と重要度で四つのフレームに分けて優先順に作業する
 業務分掌として一覧表にし、デイリー、ウイークリー、マンスリーに区分する
 ムダな業務を断捨離する、不要を捨てる、丸め込み1人委任、他部門・他職種に移動

ムダな会議の廃止と会議時間の短縮を図る 目的の明確でない会議、議事録のない会議、継続審議の多い小田原評定の会議は廃止する
 会議は説明会ではない、議案は事前に配布して会議での説明時間を省く
 会議の人件費コストは(4000円×時間×人数)であることを認識し会議時間の短縮を図る

ムダな資料の廃止と二次利用しない報告書の廃止 資料の保管場所の無法化、資料を探す時間の人件費コストの浪費を無くす
 2Sの整理整頓の定義は、整理=排除、整頓=カンバンファイリングを徹底する
 報告書を始めとする各種資料は標準書式として、A4版1枚とする
 個人資料は廃止し、共有資料としてデータ化する

サンプルシート仕事術4


「スピードアップ仕事術」エクセルソフト明細───業務分掌を明確に定義してムダな業務を断捨離し、優先業務に集中させて効率化を図る
目的/業務品質を落とすことなく労働時間を短縮し、生産性を向上させる
指針1/業務の活性化はスピードアップの時間観念を持つこと
指針2/文書のA四標準書式化・見える化・共有化・システム化・2S(整理整頓)考察
指針3/ABC分析による断捨離(無視・排除・丸め込み)

仕様/マイクロソフトExcel ver.2013 電子書籍
シート1. 解説 1分を短縮する仕事観が賢人の仕事術
シート2. 業務活性化シート
シート3. 業務活性化シートサンプル

価格 1,000円(税別)


電子書籍のお問い合わせ、お申込みは
お申込み


→→→ブックリスト(申込フォーム)にもどる