ポーターの戦略フレームワーク

正しい経営のあり方をバランススコアカードで解く4時間研修を実施しています。
ZOOMオンライン個別対応で、あなたに合わせてご指導します。→→→ 研修ページへ

ライン
マイケル・ポーターの戦略フレームワークライン

マイケル・ポーターは私より4年後に生まれたアメリカの経営学者。MBAの書物には必ず登場する有名人です。代表的な著書は「競争の戦略」。身近に活用しているフレームワークとして、以下に説明するポーターの3つの競争戦略は現代経営の基本です。

 1. コスト・リーダーシップ戦略 競合競争時代には避けて通れないコスト低減策
 2. 差別化戦略 機能、品質、納期、物流、サービスなどで強みの差別化を図る
 3.集中戦略 経営資源の選択と集中で市場と製品をセグメントし、市場の占有率を高める

集中戦略は一般化していますが、下図の3Cミクロ環境(Customer顧客・Competitor競合・Company自社)の身近な三角関係では強みの選択と集中が重要です。弱みを捨て、強みの差別化で競合優位に立つことです。パレートの経験則、ABC分析で優性に集中させて下さい。

ポーターの3つの基本戦略

「5つの力」や「クラスター戦略」もポーターが提唱しています。
「5つの力」フレームワークで外部圧力を如何にコントロールするか。敵を味方にする戦術も考えられます。ダイヤモンドフレームワークでサプライチェーンを俯瞰して下さい。

5つの力

中小企業のローリスク、クラスター戦略クラスター戦略

上図PDFテキスト→→→クラスターダイヤモンドフレームワーク

クラスター戦略は、現業からの拡大展開を図る多角化戦略として、リスクの少ない仕掛けです。現在では業界内のサプライチェーンをつなぐクラスター戦略の成功例が増えています。
4つのダイヤモンドフレームワークで考察します。

 1. 要素条件(投入資源) 経営資源の量と質、特に専門化が重要要素
 2. 関連産業(支援団体) 中小企業は弱者です。より良いパートナーを見つけること
 3. 企業戦略(競争環境) 5つの力で優位に立つ環境の創造
 4. 需要条件(地元顧客)  基本は地元。多様化からセグメントするニッチ。ネット展開

企業の持続成長にはクラスター展開が有効です。攻める姿勢が大切ですが、経営に失敗はツキモノです。リスク管理とは、失敗時の損失をいかに低く抑えられるか。業界内サプライチェーン拡大展開は、アウトプットの顧客は同じなので、ローリスク戦略です。

→→→ サイトガイドにもどる



1.分析と経営方針、2.戦略と経営計画、3.作戦と目標管理
1・2・3ステップで周到に、素早く、成果を出す中小企業のV字回復戦略

2021/10/7 新刊電子出版
カイゼン提案制度