ホウレンソウの報告連絡相談

トップページ

ホウレンソウの定義づけ

情報伝達のミス・ロス・ムダの削減で人材力を高める

ホウレンソウ定義

 →→→PDFダウンロード

情報の伝達に1週間もかかるウソのような会社が今も存在します。電話で社長の予定都合を伺うよう社員に頼んだら、1週間後に返事が届きました。情報の行って来いは暗黙1日ルールです。情報化時代、スピード時代を認識していない化石のような会社の将来が疑われます。

リードタイムとは、製造現場だけに使うものではありません。情報の流れが遅い企業は、事業の工程処理スピードも遅くなります。営業の受注から製品の納品、財務の入金までのトータルリードタイムを短縮する努力が増収増益に貢献します。ホウレンソウは疎かにできません。

緊急連絡ツールとしてPCメールを使うルール知らずがいます。「そんなバカな」ということが、日常的に起こっています。PCは常時携行していません。ホウレンソウルールを作り、徹底することで、ミス・ロス・ムダを減らせば、生産性は確実に良くなります。

デスクワークで常時メールをチェックし、返信している人もいますが、暇人の象徴です。メールは集中タイムを設け、1日3回が基本でしょう。出勤時、午後一、終業前。メールを捨てるか、返信するか、フォルダー保存するか。情報の整理整頓は業務効率を高めます。

→→→
もどる