経営指針の考え方

経営指針の考え方

経営指針策定の目的は、企業の持続成長発展です。
経営指針は、理念、ビジョン、方針、計画、戦略などを定義し、経営活動の礎とします。
健全な持続成長パワーを次世代に継承し続けることで長寿企業として繁栄の道を歩みます。

↓↓↓画像クリック詳細表示
経営指針体系

中同協(中小企業家同友会全国協議会)から『経営指針作成の手引き』が発行された。待望の分かりやすくまとめられた冊子です。私は34年前に愛知中小企業家同友会に入り、理念、方針、計画を柱とする1ページの経営指針を作ってフォーラムで発表したことがあります。

実業は後継者に譲り同友会もバトンタッチして、今ではOBとして経営者仲間と関わっていますが、生涯現役として経営コンサルタントの体験を通じ、効果的な経営の在り方を書き下ろしています。ブレーンの依頼もあり、経営指針作成の手引きを改めて考えてみました。

策定プロセスでは分析資料は増えますが、全社員が理解できるエクセル書式A四版4枚にまとめ、MBAのエキスを織り込んで作ってみました。利益の追求より顧客の創造と言わせたPFドラッカーさんの言葉を戦略的に展開し、目標は顧客、目的は利益で結論づけました。

経営に携わる人たちへのお願い経営指針は企業に関わる人たちの「活動の鏡」です。
経営指針を策定して「見える化」し、持続成長可能な目標へのチャレンジに、組織で臨んでください。明るい未来を創造する人たちを支援できればと、書き下ろしました。ご覧ください。

★→→→ 経営指針の策定と運用法の詳細



経営は理想論、企業は現実論

理想論は理念に掲げ、現実論は戦略に画す。
理念は永遠に継続される未来進行形であり、戦略は今を生き抜く現在進行形である。

経営とは─── 最善最適な経営資源を構築し持続成長更新する組織体である
 経営資源とは、人、モノ、金、情報などであり、最善最適のバランスを図ること
 基本は人の知識、技能のレベルアップであり、ヒトが、モノ、カネを創出する

企業とは━━━ 顧客満足を利益に還元する経済主体である

 顧客価値が収益性に連動する仕組みを構築する
 連動しない企業は、経営コストに関する組織の意識と知識が不足している

戦略とは─── 市場(戦場)で、競合(敵)より優位に立つ方策
 基本は、競合に勝る経営資源の独自性と差別化にある
 現代経営環境は成長期を経て、成熟期、衰退期にあることを認識し、変革を善しとする

長山式経営指針体系
経営指針体系

経営指針活動に迷いがあってはいけない。企業である限り、顧客満足による収益性の追及が最大の任務です。理念経営に傾倒して、収益性を忘れ、待遇改善や社会貢献を優先させて失敗する例を多く目にします。経営指針は、企業の持続成長のために整備するものです。

企業の持続成長の条件は、人、モノ、金など経営資源のバランスのとれた成長であり、そのためには、バランススコアカード(BSC)による四つの視点の論理思考が効果的です。私の経営手法は、ビジョン、戦略方針、中期経営計画、目標管理のすべてをBSCで考察します。

1ページの経営指針数十ページの経営計画書より、1ページに集約した経営指針の方が周知徹底できます。全社員の会議ファイルの表紙裏に貼っておくだけで、いつでも目に入る資料になります。事あるごとに見返して確認する「見える化」で、絵に描いた餅にしないことが大切です。
1ページの経営指針 これはA4版1ページの経営指針(3ヵ年中期経営計画書)です。20年ほど前に愛知中小企業家同友会で提唱し、500社以上の企業で導入されました。当時は戦略発想がなかったのですが、現在ではバランススコアカードで戦略方針を立てています。

経営理念を掲げる理念とは、理性で文書化する企業の理想像、広く社会に宣言するもの
理念は具体的に表すものではありません。社会が進化しても、環境が激変しても、変わらず輝き続ける普遍的な言葉であってほしい。理念は永遠に受け継がれる言葉が理想。理念の書き替えは経営の軸を変えるようなもの。ブレる経営は意識統一の方位を狂わせ、組織の結束を弛めます。

トップの経営への思い入れを言葉として次世代に引き継がれる言葉を残してほしいものです。理念は関わる全ての人に語り継がれる名文でありたい。暗記しやすく、唱和しやすい構文にしたい。活力ある言葉で綴りたい。避けたい言葉として、流行語は使わないよう心掛けてください。時代の変化で野暮ったくもなれば、死語になるものもあります。

理念構築の三要素

人間性 倫理感 人間尊重、遵法精神、公正、幸福、和、協調、向上心
科学性 価値観 技術革新、コアコンピタンス、創造力、開発力、品質
社会性 使命感 地域社会貢献、企業責任、環境保護、誠実、信頼、正義

理念の三要素とは、社会性(使命感)・科学性(価値観)・人間性(倫理感)です。三要素を包括する文章を簡潔にまとめてください。上の表の右側に掲げた単語を組み合わせて、一行化を心掛けてください。理念に説明が必要であれば、その下に解説文を付け足します。

理念例
人を育て、技術革新に挑戦し、社会に認められる企業を未来の財産とする
解説例
企業の持続成長は人の力量に尽きる。人を育てる環境を整備し、市場が求める一歩先の技術、サービスを追い求め、業界リーダーの地位に立って、社会に認められる企業であり続ける。

私が考えた理念一例
人間尊重、品質至上、遵法精神を三つの柱として企業責任を全うし永続発展する
誠実な経営活動を通して顧客と地域社会から信頼される企業創りに専念する
従業員、家族、顧客、社会のみんなに喜ばれる価値ある会社を目指す
幸せと楽しさを創造する、活発なオンリーワン企業を目指します
新しい価値の創造にチャレンジし人間性豊かな社会づくりに貢献します
心に豊かさが芽生え、暮らしが潤いに包まれる会社と社会づくりに尽くす
品質向上への強い意識と活発な行動が人間力を高め、企業使命を全うする
みんなの向上心と考動力で、みんなの幸せを育て上げる

インターネットから収集した経営理念を参考にして下さい。五十歩百歩が理解できます。ここからピックアップしてリライトするのも合理的な手法です。模倣も戦術のうち。
●建設業
最良の施工は、最大の信用を集め、最高の営業につながる
「信用・信頼」を基本理念とし事業を通じて社会貢献(人・環境・福祉)を使命とする
豊かな人間環境の創造を目指して社会に貢献する
お客様への新たな価値の創造
人と空間・環境の調和をテーマに顧客本位の経営を行う
●製造業
全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること
"未来に続く架け橋として" 人の心を尊重し、豊かな価値を創り、社会貢献に努める
英知と創造力により、優れた価値を提供し、人々の健康と豊かな社会の実現に貢献する
誠意をもってことにあたり、技術を軸に社会に貢献する
優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する
●サービス業
「品質最優先の経営」「お客様第一の行動」「輝く個人と社会との調和」
社会に価値あるインターネットサービスの創造
健康で豊かな暮らしを願う世界の人々に貢献する
お客様に価値ある商品とサービスを提供することにより食文化の発展に貢献します
地域の繁栄と豊かな暮しづくりに貢献する
●小売業
お客様の豊かな生活作りの為に、世界市場から良いものを安くお届けしよう
お客さまの喜びが私達の喜びです
新たな生活文化の提供と、友愛の精神に基づいた共存共栄を目指す
地域のライフラインとして、価値ある商品・サービスを提供し、豊かな暮らしに貢献します
感心・感動・感謝

戦略マップ集


ビジョン(ありたい姿)を共有するビジョンとは、理念ベクトル上の近未来に設定する具体的な目標、道しるべ
理念は究極の理想像であるため、ベクトルを合わせることはできても具体的な活動の指針にはなりにくいものです。そのために理念ベクトル上の可視できるポイントに道標を置き、具体的中間目標を設定してビジョンとします。理念は定性表現であり、ビジョンは定量表現です。

変化の激しい時代になりました。5年先は見えづらく夢物語になりやすいので、ビジョンの設定年は3年先が妥当と考えます。トップみずから自分の目指す夢、ありたい姿を描いて下さい。それを社員に示し、熱く語り合い、共感を得て、共に前を向き、誠心誠意努力します。

ビジョン
ビジョンはだらだらと書かずバランススコアカード(BSC)の4つの視点で簡潔に表します。
詳細は中期経営計画で立てて下さい。BSCについては経営戦略スキルを参照してください。
一例は下のようになります。社長室、会議室に理念と共に掲示してください。

ビジョン 設定年2017年9月(3年後)
BSC視点 目標
財務 売上高300,000,000円、営業利益1割30,000,000円
営業キャッシュフロー50,000,000円、社員平均年俸500万円
顧客 B2Bリアル市場は中京圏7割210社(年稼働対象)
インターネット市場は国内2割60社、国外1割30社
業務プロセス 設備増強、研究開発、広告販促費は対売上高10%計上
製品開発12件。生産性向上を含む経営コストの2割削減
人材と変革 教育研修制度の充実。一人当たり年間100時間の研修訓練
従業員総数23人。完全週休2日制ワークライフバランス提唱


ドメインの再定義ビジョンが夢にならないよう、自社実力を分析します。ドメインは、インターネットで使われるネットワークの識別名で知られていますが、本来は「範囲」や「領域」を意味する英語です。従って事業ドメインは事業の展開領域を指しています。

事業ドメインは、一般的に三つの定義軸でまとめます。
顧客軸 事業の対象となる顧客や市場、営業販促活動範囲、占拠率
機能軸 製商品・サービスの機能、品質、スピードなどの価値、ブランド力、認知度
技術軸 技術・能力・情報ノウハウなどの強み、コアコンピタンス、資格、規制

私の設定法はBSCを使います。上掲の3つの定義軸には、企業にとっと最も重要な財務に関する定義が抜け落ちる危険があります。3つの定義は、顧客軸は顧客の視点、機能軸は業務プロセスの視点、技術軸は人材と変革の視点で捉え、新たに財務の視点を追加します。

前述したBSCビジョンの表の右側に一列追加して、現状ドメインを設けて下さい。そこを埋めることで、現状とビジョンとの差、ギャップが横並びで一目で理解できます。新たにドメインを考察することなく、合理的に現状と再定義(ビジョン)が見晴らせます。

戦略は、現状ドメインと未来ビジョンの間に浮上するドメイン、ビジョン、三カ年経営計画、経営課題、SWOT分析、戦略方針を丸め込んで一枚に見える化した、ちょっと乱暴な書式を作っています。三年前に開発したスゴ6戦略に用意したもので、すでに三回更新し、ユーザーニーズを入れてSWOTクロス分析を追加しました。

ありたい姿分析表

究極のシンプル化です。全社員に理解できる資料作りを心掛けてください。収益性や生産性を向上させる原動力は現場力です。現場が理解納得できない資料は、作っても役に立ちません。上掲の資料は「経営の達人」研修で活用されています。


人を育てる「三方よし」のフレームワーク「人が育たない」と言われる中小企業の経営者にオススメしたい。
実のところ、人を育てていません。社員みずからの向上心に任せ、研修の機会や、教育の時間を設けていません。企業家は「稼ぐ人材」を育てなければ儲けることはできません。

「利益が出ない」と言われる中小企業の経営者にオススメしたい。
利益の根源は顧客にあります。名ばかりの顧客満足を掲げていませんか。インターネット時代の落とし穴は、顧客との直接対話が疎かになっていること。親密度が薄れています。

「会社満足」だけに偏ると、社員は離反し、顧客は逃げます。三方よしのバランスが大切です。社員を育て、顧客を育てる。その結果が利益を創出し、「会社満足」を叶えます。

三方よしの満足度
フレームワークで考えて下さい。
拡大PDFデータ

1ページの経営指針を策定したい人は、BSC経営塾で学んでください。経営理念、ビジョン、戦略方針、中期経営計画、事業ドメインの定義など、分かりやすく、やさしくご指導します。
長山伸作が講師を務めています。→→→BSC経営塾