世界一わかりやすいバランススコアカードBSC戦略経営

経営戦略ノウハウ

経営活性化の決め手として、業務改革に効果ありバランススコアカードとは、難しい経営学ではなく、経営を四つの引出しに整理して論理的に考えることです。引き出しの名前は、財務、顧客、業務、人材。一般的な経営計画は財務指標だけ掲げますが、財務のゴール指標を達成するために、他の引出しの問題を洗い出す。
問題を解決する成功要因をKPIで設定し、各引き出しを線で結び、四段活用で成果を出す。

BSC、バランススコアカードとは
財務評価だけに偏った従来の経営管理手法を、顧客や人材など非財務評価を加えて多角的な指標でバランスを取る、現代経営に適合する論理的な管理手法です。私の経営計画、経営戦略はすべてベースはバランススコアカードの4つの視点フレームワークで構成しています。

Balanced Scorecard. 1990年に米国KPMGのノーランノートン研究所で、新たな業績評価システムの研究プロジェクトが立ち上がり、ハーバードのキャプラン教授と経営コンサルタントのノートン博士が研究成果をまとめハーバードビジネスレビューで発表したのが始まりです。

BSCの4つの視点(財務の視点、顧客の視点、業務プロセスの視点、人材と変革の視点)で、経営課題を解決するための、視点間をつなぐ因果関係を考えてみます。下の表が端的に示しています。視点間を下から上に、why, because で成り立たせていきます。

なぜ、人材を育成するの?→技能アップで業務を活性化し生産性を高めたいから
なぜ、業務を活性化するの?→製品の品質を高め顧客満足度を高め顧客を創造したいから
なぜ、顧客を創造するの?→顧客を増やして売上高、収益性を高めたいから
確認の意味で、上から下へ、how to do が成り立つか試してください。

四つの視点で考察できる企業戦略コンセプトワーク
バランススコアカード企業戦略


四つの視点で論理思考。経営革新、業務改革の決め手経営を分析するとき、売上高や経常利益など財務指標だけに偏った評価をしがちです。中期経営計画も同様で、財務の数値目標のオンパレードになっていませんか。これだけでは片手落ちで、経営資源を構成するヒト・モノ・カネの動機付けとバランスで考えるべきです。

ヒトの能力と数、モノの品質と生産性、カネの売上と利益は、互いに密接に因果関係を維持して初めて成長性が図れるものです。ただし、これでは成り立たないのが顧客の不在です。バランススコアカード、BSCの秀逸なところは、モノとカネの間にキャクを入れた経営手法です。

バランススコアカードでは四つの視点でフレームを区切ります。人材と変革の視点、業務プロセスの視点、顧客の視点、財務の視点に分けて、それぞれの課題や目標を設定し、人材→業務→顧客→財務の方向に因果関係でつなぎ、四つの視点の結果(目的)が財務の視点に表れます。

ヒト 人材と変革の視点 スキルアップ 質の向上、数の最適化
モノ 業務プロセスの視点 品質と生産性 有効投資、ムダなコスト削減
キャク 顧客の視点 満足度の実現 顧客の創造、リピート率UP
カネ 財務の視点 収益性の向上 キャッシュフローの蓄積


脳を活性化するBSC四段活用
風が吹けば桶屋が儲かる論理思考昔の話で、大風が吹くと土ホコリで目を患い盲人が増える。盲人は三味線を弾くので猫の皮が必要になり猫が捕獲される。猫がいなくなると鼠がのさばり、桶をかじる。桶の需要が増えて桶屋が儲かる。落語の話題にもなるこじつけ話ですが、論理思考の遊び方のひとつです。

四つのフレームを戦略的に定義すると、知恵→手段→目標→目的になります。この四つで「風が吹けば桶屋が儲かる」ストーリーを作ることが、戦略スキルアップのハジメです。現代経営は売上追及精神論では成り立ちません。以下のような論理思考で組織を動かす必要があります。

ヒト 人材 知恵 研修制度、提案制度を導入し、いかに生産性を高めるか、従業員のスキルアップと集合知で計画を練り行動に移す
モノ 業務 手段 全ての部門のリードタイムを短縮して生産性を高め、品質の向上、納期の短縮、コストの低減で顧客満足度を高める
キャク 顧客 目標 品質、コスト、納期で競合優位に立ち、コストリーダーになれば、顧客の占有率がアップすると同時に新規顧客の創造も可能になる
カネ 財務 目的 生産性向上による利幅と受注件数のアップにより、売上高と営業利益のダブルアップで業績低迷からV時回復できる

ストーリーが描けたら、具体化することで戦略が見えてきます。抽象論は前進しません。具体論で語ることが理解を深め、目標への行動が生まれます。四段活用の具体例をご覧ください。

ヒト 人材 知恵 毎月一回2時間の部門別研修。毎週30分チームディスカッション。月末締めカイゼン提案1人一案。
アクションプラン目標管理
モノ 業務 手段 5S三現主義の朝礼徹底。ミスロスムダ撲滅スローガン。カイゼン提案のPDCAによる生産性20%アップ
キャク 顧客 目標 受注実績顧客数120%160社。新規顧客獲得10%16社。平均リピート三ヶ月。オプションプラスで客単価10%アップ
カネ 財務 目的 売上高3億円必達。滞留在庫20%低減。粗利率5%upで60%。営業利益率10%3000万円確保。営業C/F5000万円確保

ストーリーと具体化で、戦略マップ作成の準備ができました。バランススコアカードとは、一般中小企業の絵に描いた餅になる経営計画とは全く異なります。作戦行動を前提とした戦略計画を組み立てることです。個人のアクションプランを目標管理する経営手法です。


BSCのビジネスモデルを風土化
バランススコアカードの四つの視点

事業の分析や業務の評価は、BSCの四つの視点を循環させて、各重要指標の達成度を比較分析することで問題が発見できます。それにTAR循環、PDW循環活動を繰り返すことで、成長スパイラルを促し、安定したビジネスモデルを形成する健全経営を実現させます。
上図の詳細ファイル→→→PDF閲覧


BSC戦略マップの作り方戦略マップとは、社員の誰もが理解し、どんな作戦行動に移せば目的が叶えられるか、分かる資料であるべきです。長山式戦略マップ例を示します。

戦略マップ-1

ピンク枠に各視点の成功要因を記してあります。この成功要因を実現するためにブルー枠で具体的な実施要項を掲げています。下から上へ線で結び、目的である財務の視点が成立するシンプルな戦略マップを作成して下さい。

まずは各視点の成功要因を掲げて、ストーリー化すること。財務の視点が目的です。これを決定してから、人材の視点で「何をすれば成果を出すか」を決め、業務、顧客につなげて財務の成功要因を満たしてください。一例を示します。
目的 財務 収益性30%アップで健全財務を確保する
目標 顧客 AB顧客の接触率を高め、差別化シェアアップを図る
手段 業務 AB分類に集中し、品質向上と生産性向上を図る
知恵 人材 ABC分析により、ムダな劣性C分類の脱捨離の断行
この成功要因を実現するために、機能別、組織別の具体的活動を明確にして戦略マップを完成させます。戦略マップが完成したら、個々のアクションプランを作成して実行に移します。社員活動の月次目標管理で、目的を必達させてください。


組織を活性化するBSC四段活用
経営の達人指導書では、BSC戦略マップを10サンプル用意して、具体的活動指針になる作戦行動を職種別に表しています。戦略方針を固めれば、選んで成果指標となるKPIを上書きしてアクションプランを設定し、GOが掛けられる画期的な仕組を完成させました。

バランススコアカード戦略経営は秀逸です。経営をフレームワークで分かりやすく分析し、何をやるべきか、具体的な解答を出してくれます。ぜひ、新たな経営手法を取り入れて、経営革新、業務改革に乗り出してください。 長山塾では個別指導を実施しています。

民間企業の目的は理念に向けた持続成長です。成長のステップアップはBSCの論理思考が教えてくれます。四つの視点で成功要因を絞り込み、ストーリー化します。ストーリーが実現するように、各視点で深掘りし、何をすべきか具体化します。

論理思考のお手本が四段論法です。四つの視点で現状の一例をストーリー化してみます。
目的 財務 売上低迷で利益が出ず資金繰りが悪いので借入金が増えている
賞与もベースアップもできず、買いたいモノも買えない
目標 顧客 顧客の要望は、値下げ圧力、品質の向上、短納期を強要する
競合との顧客獲得競争は激化して、客単価低下、客離れを招く
手段 業務 顧客満足を実現させる資金不足で、設備もシステムも老朽化
生産性の悪さを人力に頼るため、過剰労働で残業が増える
知恵 人材 過剰労働に連動しない報酬に、社員のモチベーションは低下
社員と経営者間に不信感の溝ができ協調関係が薄れる危機状態
負の連鎖を招くネガティブストーリーです。四段論法で論理思考する習慣を全社員で磨くことが求められます。真に現状打破を望むときは新たな試みに挑戦することが変革の第一歩です。

◆ポジティブストーリーを描く
四段活用のストーリーを描かせることで、賢い社員に変身します。経営計画も四段活用でポジティブストーリーを描いて下さい。目的、期限、ゴール目標を設定し、逆四段活用で描きます。
目的 売上高1億円
期限 1年後
ゴール目標 営業利益1千万円、社員還元3割

知恵 人材 品質&生産性向上カイゼン提案制度を設けて委員会を設置する
毎月の提案を審査して現場に導入し成果を四半期毎に表彰する
手段 業務 カイゼンの徹底と選択と集中で、トータルリードタイムを短縮
対象は営業、開発、製造、管理の全部門で労働時間20%短縮
目標 顧客 カイゼン効果は、品質、価格、納期で顧客満足度を高める
労働時間の短縮分を顧客に充てて、シェアアップに専念する
目的 財務 シェアアップ効果とカイゼン効果で目的の売上高1億円の達成
営業利益1千万円を確保して社員に3割還元でみんなハッピー
ストーリーを描く能力を磨くことで、企業の変化対応能力が機敏になります。現状打破、ブレークスルーとは、深掘りする論理思考能力で可能になります。新しい時代を築く基本スキルです。


四つのBSC時系列定石戦略
バランススコアカード戦略経営に目覚めて下さい。強力な知的武器です!
戦略は定石であり難しいことではない。稼げない人は戦略ストーリーを実行していないだけです。定石戦略はたった四つ。問題はその順序を間違えないことです。実行することで必ず大きな成果が出せます。持続可能な成長戦略が強い会社を育みます。

時系列定石戦略

上図PDFテキスト→→→四つのBSC定石戦略

1. 財務改善戦略赤字体質は絶対放置せず、内患の外科手術を施す。売上向上策による黒字化は幻想であり、先に経営コストの圧縮(滞留在庫、人件費、その他経費など)で即時黒字化する。聖域を残すと内部反発により失敗することが多々ある。覚悟を決めて即行、断行することで救われる。
財務改善戦略
経営の縮小は断腸の思いだろうが、黒字化してから出直すほうが、結局、回復は早くなる。財務を公開する勇気があれば、社員の理解も深まり協力も得られる。二つの利益を生む仕組みを社員が知らないと、稼ぐ力は湧いてこない。営業利益の黒字化が生命線。

2. 業務改革戦略
古い経営手法は変化の時代には通用しない。四つの戦略理論で改革を断行し組織を刷新、活性化する。業務改革にはベテランの反抗が強い。過去の成功体験が邪魔して、新たな取り組みには消極的になる。ベテランやホワイトカラーの意識改革研修で社内インフラを整備する。

100%の意識改革は理想論。頑固な反抗勢力は放置して、できるキーマンで実行する。
バランススコアカード戦略経営による業務改革に着手する。
反対派からの脅迫退職届は甘んじて受けることが将来に禍根を残さない。
コミュニケーションに時間を割き、一年忍耐強く頑張れば、必ず成果が見えてくる。

3. 選択と集中による差別化戦略ABC分析で溜まった経営の不採算なゴミの山(メタボ体質)を捨て、優性を選択し集中する。
C分類は排除無視対象であり、断捨離の決断で、思い切って捨てれば業務は半減する。
A分類の製商品は売れ筋であり、その強みを一層増すことで競合差別化を図る。
A顧客は80%の売上構成上顧客。営業機会を倍増させてシェアアップを図る。

実際には業務改革戦略に選択と集中戦略を抱き合わせた手法が手っ取り早い。
顧問先では一年で確実に成果を上げている。

4. マーケティング(ニッチャー)戦略
マーケティング論理思考でイノベーションにチャレンジし、ニッチな未来市場を開拓する。
中小企業には、マーケティングスキルが浸透していない。決して難しいものではないので、社内研修で身につけてほしい。商品開発部門がなければプロジェクトを立ち上げて実行する。

大手には真似のできない、あるいは魅力のない小さなスキマ市場を開拓する。
アイデア提案制度、審査表彰制度で根気よく続けること。
一勝九敗は当たり前の予算を計上し、3~5年でヒット商品を創り出そう。

マーケティング戦略マップ


戦略の決め手は重要実施項目(KPI)
バランススコアカードは、戦略マップが代名詞になっています。しかし、最も重要なことは、人材の具体的な活動、作戦行動を明確にすることです。戦略、戦術、作戦のプロセスがつながって初めて成果に結びつきます。長山式BSCは、職種別重要実施項目を定義しています。
一例 営業職 重要嫉視項目と成果指標(KPI)

BSC 重要実施項目 成果指標 考察点
財務 売上高の向上
1億円
売上、客単価、受注数、粗利
顧客 顧客の創造
100社
既存顧客+新規顧客-離反顧客、成約率
業務 接触数の増加
1000回
売上に比例する最重要業務は顧客接触
人材 営業資質向上
48回
研修によるスキル、センスアップ

営業の最終目的は財務・売上高の成果指標を達成させること。しかし、売上高は結果であり、顧客の創造に依存します。顧客の増加とシェアアップが目標です。目標は業務に依存します。営業業務の顧客接触数の増加が分母です。成約率を向上させるために人材スキルを高めます。

BSCの四段活用で人材を育てます。財務スキル、顧客対応、業務活性化、営業センスのバランスとプロセスでビジネスモデルを好循環させます。成功と失敗のシナリオが増えるほど、人材は育ちます。これを見える化、ヨコテンすることで、組織が活性されます。


数ある経営課題をBSCで簡潔に整理する
経営課題

数ある経営課題を、BSCの四つの視点フレームワークで整理して下さい。ほとんどの課題は、四つのフレーム上で一本の線につながります。財務の視点や顧客の視点は、経営活動の結果です。業務プロセスの視点に依存しています。組織、部門で何をやるかを具体化することです。


BSCで生産性向上を図る
時間当り労働生産性が会社の実力です。最重要指標であることを認識して下さい。
 時間当り労働生産性=売上総利益÷総労働時間
 売上総利益(粗利)=売上高-売上原価
 総労働時間=社長も含めた総従業員の出退勤タイムカード合計

※労働生産性エクセル計算書を用意しています→→→エクセルダウンロード

世界比較で日本は20位、4,272円です。1位ノルウェー9,000円、4位アメリカ6,796円。
真面目で勤勉だけでは解決できません。時間観念の問題意識を持って、過労働時間の短縮と報酬額のアップを図る待遇改善のために、BSC論理思考でブレークスルーしましょう。

バランススコアカードの4つの視点でビジネスモデルをつくる

BSC 重要実施項目 成果指標 考察点
財務 売上総利益の向上
10%UP
健全営業利益を社内留保と社員還元
顧客 納期の短縮
10%短縮
スピードと価格で顧客満足度アップ
業務 生産量の向上
4,800品
10%UP、生産性向上、不良率低減
人材 1人当り労働時間
2,000h
10%減、時間観念徹底、残業非日常

重要実施項目と成果指標を決定したら、ゴールシートで毎月目標管理して、未達に問題点を見つけ、解決策を試行するPDWスパイラル循環を繰り返すことで必ず成果が出てきます。生産性の向上は、最重要経営課題です。「為せば成る」の組織努力で賢い経営に乗り出して下さい。


BSC知行合一経営のススメ
知行合一フレーム
経営も人生も、夢、つまり、ありたい姿を描くことで魅惑のストーリーは始まります。
空に浮かぶ雲を眺めながら、ぼんやり思いを巡らす夢は単なる夢物語に終わります。
夢という目標を、具体的に計画や戦略に落とし込むことで、やるべきことが見えてきます。
何を、どれだけやれば、夢に近づけるか。行動計画と目標管理でPDWを循環させます。

知行合一経営フレームワーク→→PDFダウンロード
この行動計画を管理しながら夢目標に到達させるツールが、BSCゴールシートです。


バランススコアカード・ダイアモンドフレームワーク

バランススコアカードは誠に賢い経営手法です。上図は長山式のダイアモンドフレームワークです。四つの視点で最重要指標(KPI)を決定し、各視点間を経営課題で結び、解決策を浮上させます。成果を出す、やるべきことが明確に判断できる、秀逸のツールです。




BSC経営管理者研修
成功も失敗も経営者の資質で決まります。資質はスキルとセンス。センスは癖とも言え、なかなかどうして、一朝一夕で備わるものではありませんが、スキルは素直であればどんどん身に着くものです。スキルをセンスに成長させる研修です。優れた経営者は一生勉強です。

経営スキル&センスアップのために、成功の法則を学んで下さい→→→BSC経営塾