トップページ

line働き方改革で生産性向上に導く経営セミナーline

2020年を前に世界は情報革命の真っただ中にいます。中小企業が抱える問題は人手不足といわれますが、課題は働き方改革と生産性向上の二つに絞られます。その解決策は手元にあり、情報革命の申し子であるパソコンやモバイルを活用するIT情報活用自動化の業務改革です。

情報革命時代のスマートな働き方改革

▼夢プランを描きゴールに挑む資質を育む目標管理ツールMBO-S(Management by objectives and self control)
P・F・ドラッカーさんが現代の経営で表わした自律目標管理手法です。一時はノルマ主義の批判もありましたが、目標設定なくして上位志向ナシ、目標管理なくして組織力強化ナシ。企業の持続成長発展を望むなら、目標設定と目標管理で夢ゴールに挑む体制を整えたいものです。



経営課題の解決策は、バランススコアカードの論理思考で戦略マップを描くと分かり易い。目的は財務の収益性向上による経営資源の強化。目標は顧客の創造によるシェアの拡大。手段は顧客満足度を高める生産性の向上。日々ロクで目標管理を促し組織統率力で目的を達成させる。

IT働き方改革「日々ロク」戦略マップ



やる気のある組織とない組織では、経営効率は3割も5割も格差が出ます。社員のやる気を引き出す仕組づくりは、遂行する職務、時間、成果を具体的に見える化し、公平に評価しなければ理解や納得は得られません。モチベーションを高める、やり甲斐のある環境を整備したい。

やる気を引き出す成長プロセスの風土化

新開発の「日々ロク」はMBO-SとBSC(バランススコアカード)を融合させて目標達成への道を開きました。個人別日報の自律分析目標管理チームの論理思考で月次問題解決期末の全社目標達成。成果を見える化し公平に評価することで、やり甲斐モチベーションが継続されます。



未だにアナログ的日報を毎日、上司に提出している企業は多い。目を通す上司も辛い。月並みな決まり文句のオンパレードで紙資料は山積みされ、結局はシュレッダーで環境悪の廃棄ゴミ。日報をデータ化して共有し、分析しながら問題解決の図られる業務改革が望まれる。

「日報」が化ける、IT働き方改革の切り札



AI、IoT、クラウドシステムなど情報革命が騒がれていますが、もっと身近に、灯台もと暗しのパソコンを見直したい。ほぼ標準装備されているマイクロソフトのエクセルは、使い勝手のいいデスクワークの有能な達人です。今では場所を選ばずモバイルに対応しています。

日報が化ける、エクセルの実力



▼労働時間の2割短縮を1年以内に達成する定型業務のIT自動化&標準化、人事制度&研修制度改革。モバイルワーク、在宅テレワーク、サテライトオフィスなど場所を問わない通勤移動時間の短縮。フレックスタイム、時間単位取得休暇など柔軟な働き方。残業承認制、副業解禁など、考えれば時間短縮策は目白押しです。

6バランス経営分析で全体を俯瞰し、ジョブディスクリプション(職務記述書)の職務三課業で労働時間の最適化を示唆し、バランススコアカードの重要指標の達成率で成果を自動分析評価します。ポイント制で人事考課やキャリアパスなど公平な人事制度の構築にも役立ちます。

三分析で人と組織の成長を促す

職務三課業(職務記述書)とは ※ジョブ・ディスクリプション(Job description)
・主要課業/責任守備範囲の専門技能力を高めて品質や生産性に貢献する重要職務
・従属課業/主要課業に付随する前準備、後片付、事務処理など5S、ホウレンソウ職務
・共調課業/会議、ワークシェア、カイゼン活動、プロジェクト変革協調など挑戦職務



▼目標管理に知恵は必要なく、新たな習慣を続ける根気だけ目標管理の目的は、社員の健康的な労働時間と幸せを感じる待遇報酬です。それを成し得る策は「生産性向上戦略」です。働き方改革でムダな時間を削り、生産能力を高めれば、利益は蓄積され会社も社員も両者満足。労働時間と生産能力の二つの目標管理をコツコツ続けて下さい。

世界経済の変化は目まぐるしく経営決断のスピードが問われています。旧態依然とした階層の複雑なピラミッド組織はスタンプラリーと皮肉られる承認印の多さで決済までの時間的浪費は機会ロスにつながります。タテヨコ風通しの良いフラットで迅速な組織改革が叫ばれています。

小チーム制で目標管理組織を構築


▼新開発の「日々ロク」が目標管理で生産性向上を成す残念ながら中小企業はデータ分析が苦手です。定性的な日報は時間のムダ。どんな仕事を何時間でどれだけの成果が出たか、定量的に日報を数値化すればデータ分析ができます。生産性向上の第一歩は、お手元のPCで業務を自動分析し、評価に従い問題解決することで成果を出す。

高価なクラウドシステムを導入しなくてもパソコンにインストールされているエクセルで「日々ロク」ソフトを操作するだけ。日々の遂行業務を入力画面に記録するだけで、日報閲覧シート、月次目標管理アクションプランシート、分析評価グラフが自動集計分析評価してくれます。


●経営セミナーちょっと覗き見
 ・バランススコアカードの四つの視点で戦略を練る Balanced score card
 ・ JOB-DAP「日々ロク」は中小企業用スマートソフト Job description and action plan
 ・「日々ロク」概要PDFダウンロード 研修テキストエクセルファイルのPDF版



line
▼生産性向上の切り札・経営セミナー▼line

働き方改革で「やる気」を引き出す目標管理経営訪問先企業で調査したところ、営業部門のデスクワークが6割を占めていました。製造部門でも4割の非生産時間が費やされていました。手作業による伝票書類作成処理と人的ミス、標準化されていない職務分掌、長時間会議運営などムダが蔓延っています。標準化と自動化は急務。

顧問先企業では日報と目標管理月次集計が別物だったため、月末の個人集計に半日以上を費やしチームや部門集計が月を跨いでいました。100人規模のため500時間は毎月の損失でしたが日報と目標管理アクションプランを日々ロクで自動化したため、一瞬で解決できました。

◆研修会場は名古屋駅から、JRで10分の好立地─────line
●研修A. 改革コース
バランススコアカード目標管理の習慣化が人材を育て組織を活性化し収益体質を強化する
・バランススコアカード論理思考で成功の仮説を立て、利益の最大化を図る
・労働時間の最適化と生産性向上の二つの課題を解決する働き方改革を具体化する
・目標管理「日々ロク」の仕組から社員能力とチーム力でやる気を引き出す導入法の考察
line
●研修B. 展開コース
日報が化けるIT改革、エクセルの展開活用自動化で生産性150%を達成する
・経営陣自ら情報革命時代に危機感を持ち、ソフトウェア・ファーストの組織を構築する
・それぞれの部門業務の重要指標を設定してデータ分析し、部分最適から全体最適を図る
・手元のPCエクセルをスマホ対応クラウド展開し、自動化可視化で機動力をパワーアップ
line
会場 (株)トライアングルC・研修室 Tel.052-684-8521
名古屋市熱田区森後町10-4 あつた園芸ビル2F
JR名古屋駅からJR熱田駅まで7分、駅から徒歩1分→→→アクセスマップ
line
時間 10:00〜17:00 ※セミナー6時間+昼休憩1時間
line
月日 下欄の申し込みフォームをご覧ください
line
対象 経営者、管理者、後継者、起業家、税理士・中小企業診断士など士業専門家
line
講師 戦略を絵に描くBSC経営コンサルタント 長山伸作 (株)一光社プロ会長
   人材育成コンサルタント 渡辺りつ子 (株)トライアングルC代表取締役
   日々ロク塾講師 本間中小企業診断士事務所 代表 本間健一
line
主催 (株)一光社プロ 名古屋市南区赤坪町99-1 Tel.052-824-0521
line
費用 研修A. 研修B. いずれも1人1回 22,000円(税込)※少数4人打ち止め制
※個人指導をお望みの方は1回44,000円(税込)。※お申込み要望欄に記入して下さい
※企業出張管理者向け研修も実施しています。申し込みフォームからご相談ください
※研修テキスト資料はお申込み後にメール配信します
※その他 筆記道具と名刺をご用意ください。できればパソコンを持参してください
特別サービス期間中 できる会社の「日々ロク」シリーズお好み一本進呈(税込11,000円)
line


◆経営セミナーのお申し込みメールフォーム───────納得できるまで分かりやすくご指導します。私たち講師の任務は企業の成長発展です
プライバシーポリシーに関しては個人情報保護方針により充分配慮しています
守秘義務に関しては日本国の法律を遵守し、知り得た秘密を漏らすことはありません

↓受講日をチェックしてください
11月21日(木) 10:00〜17:00 研修A.改革コース
11月22日(金) 10:00〜17:00 研修B.展開コース
11月28日(木) 10:00〜17:00 研修A.改革コース
11月29日(金) 10:00〜17:00 研修B.展開コース
12月05日(木) 10:00〜17:00 研修A.改革コース
12月06日(金) 10:00〜17:00 研修B.展開コース
12月12日(木) 10:00〜17:00 研修A.改革コース
12月13日(金) 10:00〜17:00 研修B.展開コース
01月09日(木) 10:00〜17:00 研修A.改革コース
01月10日(金) 10:00〜17:00 研修B.展開コース

●下の項目空欄に記入してください
個人の場合は記入不要
個人の場合は記入不要


例)123-4567 都道府県市町村 ビル、マンション
例)03-4567-8901

※個人指導や出前研修をご希望の場合は下欄にご記入ください


   

お申し込み確認後、メール連絡すると共に研修資料を配信します。
到着後、受講前日までに指定口座に研修費をお振込みください。

通信販売法に基づく表記
●主催者/(株)一光社プロ ●運営統括責任者/長山伸作・所在地:名古屋市南区赤坪町99-1 Tel.052-824-0521 s-naga@ikkopro.co.jp ●お支払い期限/セミナー開催日前一週間以内●セミナー以外の必要料金/振込手数料は購入者負担 ●キャンセル/事前に研修資料など配布済みの場合は日程変更。前日・当日キャンセルは返金なし。その他紳士協定による話し合い。法令遵守でお願いします。

ご相談は、Tel.052-824-0521 (株)一光社プロ・長山まで企業目的は持続成長ですが深刻な人材難が待ち構えています。遠慮なくご相談ください
JOB-DAP目標管理導入・管理者研修など出前出張研修(10万円~20万円)も実施しています
(株)一光社プロ/長山伸作 直通携帯 090-3562-1804
line




line バランススコアカード4視点で戦略を練るline

Balanced Scorecard. 1990年に米国KPMGのノーランノートン研究所で、新たな業績評価システムの研究プロジェクトが立ち上がり、ハーバードのキャプラン教授と経営コンサルタントのノートン博士が研究成果をまとめハーバードビジネスレビューで発表したのが始まり。

財務評価だけに偏った従来の経営管理手法を、顧客、業務、人材など非財務評価を加えて多角的な指標でバランスを取る、現代経営に適合する論理的な管理手法です。私の経営計画、経営戦略はすべてベースはバランススコアカードの4つの視点フレームワークで構成しています。

煩雑な経営を四つの引き出し(フレーム)に整理して解を求める。 夫々のフレームに経営課題を設定し、解決すべき戦略戦術を充てて経営目標をクリアするためのフレームワークを論理思考します。四段論法、四段活用でフレーム間をつなぎ、戦略マップを作成します。

バランススコアカードの4つの視点


BSC-4フレームワークで日々ロク戦略マップの作成例。「人材と変革」で日々ロクを導入し社員のPCで日々の遂行職務を記録、目標管理する習慣づけ業務改革を風土化すれば→「業務プロセス」で顧客満足度が向上し→「顧客」シェアが拡大し「財務」で収益性が向上します。

日々ロク戦略マップ


 ↑↑↑戻る



line 「日々ロク」は中小企業向けスマートソフトline

日々ロク概要
日々ロクは、企業人の能力開発システムです。記録した遂行職務の自動集計・分析評価の結果から、社員自ら問題解決が図れる仕組です。これを見える化することで、チームや組織の協調の輪を広げて全体最適を図り、持続成長できる強固な企業体を整備していきます。

「日々ロク」はマクロで自動化したエクセルソフトです。仕様はシンプルをコンセプトに操作性と迅速性を前提に、以下の8枚のシートで構成しました。初期サイズ約1MB、1年間の記録で約2MB程度です。スピーディーな処理で演算、集計、分析します。

日々ロクシステム


100年持続成長可能な組織は、6つの指標でバランスを取る経営力が求められます。下のレーダーチャート例では未来開発力が極端に下がっています。広く社員にカイゼン提案、アイデア提案を募集して、組織横断のプロジェクトを立て、未来収益源の創出に挑戦すべきです。
6バランス経営力

AIが騒がれていますが、お手元のPCに内蔵するエクセルで、経営陣の計画目標と社員の自律目標管理を合体して遂行職務を分析評価共有見える化すれば、組織的な意思の疎通が図れます。社員のやる気を引き出すことでモチベーションアップできる働き方改革を考えましょう。

・日報、できる会社の「日々ロク」目標管理システム分析グラフ一例
バランススコアカード評価

↑営業チームメンバーのバランススコアカード重要指標達成率をポイントで数値化しています。財務指標だけでなく、顧客との親密度を深める訪問営業数、研修受講数、カイゼン&プロジェクト活動参加数なども設定目標達成率でポイント化し、公平な評価基準に連動させています。

 ★参照ページ→→→できる会社の「日々ロク」ソフト詳細ページ

 ↑↑↑戻る



line
「日々ロク」概要PDFダウンロードline

研修テキストエクセルファイルのPDF版をダウンロードできます

「日々ロク」では、職務記述書(ジョブ・ディスクリプション)で職務を3課業に分類してタスクを具体化し、時間を測定しています。日報として記録するだけで、あとは勝手に自動分析します。職務毎の時間から、ムダが顕在化するので、時間短縮への意識が働くようになります。

職務の3課業


「日々ロク」では以下のアクションプランが自動生成されます。

日々ロクのアクションプラン


日々の日報記録は10分と掛かりません。月末に集計ボタンをクリックするだけで、データを集計し、アクションプランの月別セルに挿入されます。日々の記録は重要事項だけで日報シートを自動作成しますから、上司は手間要らずで以下のように閲覧可能です。
日々ロクの日報シート

印刷して上司に報告する紙資料の山は1年経てば環境破壊の廃棄ゴミと化します。

◆社員のやる気を引き出す目標管理手法 →→→ PDFダウンロード

◆「日々ロク」概要 →→→ PDFダウンロード


 ↑↑↑戻る



line利益の最大化へPC業務改革を!line

▼デスクワーク・パソコンに眠るお宝発掘の業務改革第四次産業革命でAIやIoTが叫ばれていますが、まだ時期尚早。その前に自社のデジタル環境を整備したい。忘れられているものが社員1人1台のパソコン(PC)です。この機能がほとんど活用されていません。最も安価な投資で、デスクワークの自動化、合理化を考えるべきです。

デスクワークPCの合理化

パソコンが無法状態です。個人が勝手にアプリをインストールしたり、個人主義の資料が溢れていたり、私的にSNSにアクセスしたり。ファイル管理されていないので、探す時間は迷路ゲーム化しています。マニュアルの標準化だけでもムダな労働時間が圧縮できます。



line
ジョブダップの基本スキルline

JOBDAPバランススコアカード論理思考

財務、顧客の数値指標の悪化原因は業務プロセスと人材と変革の視点に起因します。バランススコアカードの4視点カードで、阻害要因を突き止めて経営方針とし、具体的な活動を促す重要進化指標を設定してアクションプランを作成します。極めて痛快にスピーディに完成します。

成功の仮説をストーリーにして、変革に挑戦する煩雑な経営をバランススコアカードでスッキリ整理し納得見える化する
経営課題の阻害要因から経営計画、経営方針を決定してアクションプランを作る
選択と集中でムダを排除し、身軽にして生産性150%に組織で挑戦する

経営セミナーについて
申込



組織力はチーム力

歴史のある会社ほどピラミッドの階層が増える傾向にある。年功やキャリアで温情のポストを与える過ちは、組織効率の悪化に表れる。要となる管理者にはマネジメント研修制度を設け、資質の数に比例させて身の丈に合ったフラットな組織で前向きで活発な活動を促したい。


組織を機能させる仕組み

マネジャー層とリーダー層(中間管理者)で組織的なマネジメント活動を統率して、利益の最大化に貢献するプレーヤー層の活動を活性化させることが求められます。業務改革は働き方改革であり、生産性の向上で利益を創出し、時短や賃金アップなど待遇改善も進められます。


JOB-DAP人事戦略

この問い掛けに「我が社は万全です」と答えられる企業は稀な存在です。従業員一人ひとりの職務の範囲と責任の所在が明文化されている企業は少なく、その職務の出来栄えを数値化して公平に評価している企業となると極稀な存在です。JOB-DAPは未来を見据えています。

職務の課業を三つに大別します
1.主要課業 営業、販売、設計、製作、企画など身につけた技能を最大に活かす職務
2.従属課業 主要課業をサポートするデスクワークやチームで協業する書類帳票職務
3.挑戦課業 今の守備範囲を広げて新たな未来の創出に挑戦する持続成長への貢献職務

この考え方は、行き詰る年功型賃金制度に替わる、新たな成果型職務給人事制度です
人の成長を促すと共に、公平な出来栄えを数値評価できる画期的な能力開発の仕組みです


★ラクして儲かる手は、決してありません!仕事が好きでなければ長くは続きません。現実として、100年生き続ける企業は1%の確率です。社長は「仕事が趣味」ぐらいの性格が適性でしょう。人生は七転び八起きだから面白い。大器晩成といわれますが、70歳を越えて「よくやった」といえる会社を創って下さい。

終わり善ければすべて善し。受講生には、70歳までの長期ビジョン立案を進めています。事業継承後の人生も考えることです。最も大切なことは健康づくりです。酷使に耐えられる精神と肉体を鍛えることです。私の経験ではストレスが大敵で、この心の克服で今があります。


●タカがエクセル、されどマクロで組織の活性化に威力発揮JOB-DAP電子書籍が認知され、徐々に売上が増えてきました。愛用者の方たちにもっと便利に、もっと効果が出るよう、エクセルマクロシステムを作りました。日報替わりに遂行業務を記録すれば、月次集計、年度集計、分析評価が一発自動処理できる有能なツールです。

日々の業務記録はいつでも日報閲覧シートで確認できます。月次集計、年度集計は一瞬でマクロが演算しアクションプランシートに表示されます。分析グラフで見える化されるので、次は何をすべきか、経営課題が一目瞭然で理解できます。自動人事考課も公平で秀逸です。


経営セミナーについて
申込



沖縄から二日研修を受講した社長は毎年、決算前に訪れます。今回は若手管理者を伴って来ました。成功の仮説をストーリー化して、それが成り立つか検証する論理思考法を管理者に修得させるのが目的でした。今年は、研修後に、出前出張管理者研修の依頼が結構あります。中間管理者10名程度を対象に二日研修を実施していて、九州、関西、関東へ出かけています。

少人数制セミナー風景
BSCセミナー会場


北海道から沖縄まで、全国から好評を得ています◆BSC経営セミナー受講者の声
製造業 経営計画室長 Kさん 岡山
BSCアクションプランはA四版一枚にポイントがまとめられていて、PDWが回しやすく、個人評価もできるということで、是非、採り入れたいと考えています。

建築不動産業 執行役員 Iさん 広島
四つの視点で目的、目標を果たすための論理的に考える定石を学べてよかった。昼休みに熱田神宮に行けたことも想い出になりました。お土産、ありがとうございました

運送業 執行役員 Aさん 静岡
社長ミッションにより中期経営計画立案に悩んでいました。経営計画と行動計画のステップ要素を知り得て、運用、検討したいと思います。

不動産業 代表取締役 Iさん 愛知蒲郡
セミナー内容は、共感することが多く、自分にとって気付き多いものとなりました。特にバランススコアの視点は大いに役に立つと同時に、自社の課題が浮き彫りのように気が付くことが出来ました。セミナー時間外でも、こちらの質問に対応して頂き、ありがとうございました。

ITサービス業 代表取締役 Uさん 東京渋谷
アクションプラン、経営計画その他、いろいろな視点、考え方を学べ、気づかせて頂きました。東京に戻って、まとめて、早速活用していきます。

長山先生の電子書籍と出会い、経営戦略塾の門を叩きました。私の顧問先には『バランススコアカード』や『1ページの経営指針』など長山式フレームワークを導入し、すべての企業が3期連続・増収増益となりました。シンプル・イズ・ベスト!やるべきことを然るべきタイミングで実行すれば必ず成長できる!真の価値は、公開・共有・浸透・実行・検証・改善の過程において、長山式フレームワークを共通言語とし、組織内の上下左右のコミュニケーションギャップが埋まったこと。中小企業のPDCAマネジメントには最適な考え方とツールであると実感しています。
マネジメントサポートサービス ビジネスコンサルタント 熊本市 白濱哲人

経営セミナーについて
申込


働き方改革で持続成長に導く


できる会社の日々ロク

「日々ロク」シリーズとは


●エクセルソフト電子出版をご利用ください●経営理念・ビジョン・戦略方針・経営計画・行動計画をワンセットで策定
 サイト誘導 →→→ 1ページの経営指針
●経営戦略に裏打ちされた経営計画から行動計画を立て目標管理でゴールを目指す
 サイト誘導 →→→ 未来を創る123(戦略→計画→行動)経営計画策定ソフト
●企業が抱える最重要経営課題は中間管理者(プレイングマネジャー)の育成
 サイト誘導 →→→ できる管理者育成エクセルソフト